名古屋市認定HACCP対応工場 認証番号 第58号 食品等製造施設
名古屋市認定HACCP対応工場

EXTRACT FOR HEALTH

微量元素「亜鉛」に着目!あなたらしさの機能を回復
創業明治15年 一世紀を越えて愛されるエキス
why? kaki
 
Recommend!
教授が勧める食育としての牡蠣
川端の牡蠣エキス|原液

川端の牡蠣エキス|原液

川端の牡蠣エキス|粒

川端の牡蠣エキス|粒

牡蠣エキス加工工程

牡蠣エキス加工工程

亜鉛含量が高く、かつカルシウムや鉄、セレンなど極めて微量で作用を発揮するミネラル

 私たちの体にある亜鉛をすべて合わせても1円玉2枚の重さ(およそ2g)しかない。しかし、この亜鉛は体たんぱく質と結合し、体内でいろいろな働きをしている。注目すべき働きは、亜鉛が酵素たんぱく質に結合して、酵素の働きを調節していることだと思います。
 
 活性酸素による体成分の酸化はほとんどの病気に関係していると言われますが、その活性酸素を消去する酵素(スーパーオキシドジスムターゼ)の働きに亜鉛が必須です。
 
 胎児や乳幼児の成長にも亜鉛が必須と言われ、妊婦あるいは授乳婦には、一般女性よりも多く摂取(付加量として1日に2㎎あるいは3㎎)することが厚労省より薦められています。
 
 膵臓ランゲルハンス島でのインスリンの生成や貯蔵、分泌調節にも亜鉛が重要な役割を発揮していることが明らかになっています。さらに、味を感知する味蕾細胞が正常に機能するためにも亜鉛は必須です。お年寄りになると、味付けが濃くなることが良くありますが、味覚異常のほとんどは亜鉛不足が原因と言われています。
 
 このように記してくると、
「さぁ、亜鉛サプリメントだ!」
 と考えられるかもしれませんが、それは危険です。私たちの体は多数のミネラルで構成されており、決して亜鉛一種類でできている訳ではありません。亜鉛のみを摂取すると他の微量ミネラルとの間にアンバランスが生じ、結果的体調を崩してしまうことになります。いろいろな働きを持っているとはいえ、他のミネラルも同時に、しかもバランスを崩すことなく摂取することが大切なのです。
 

 牡蠣のエキスは、他の食品に比べ亜鉛含量が高く、かつカルシウムや鉄、セレンなど極めて微量で作用を発揮するミネラルも含まれていますので、ミネラルの偏りは起こりにくいといえます。
 
 高齢者の味覚異常が起こる前に、お腹に赤ちゃんがいる妊婦さん、母乳で育てているお母さん、また糖尿病を恐れている中高年の方々に川ばた乃エキスはお勧めの栄養補助食品と考えます。
 

修文大学 教授 田村 明

創業当時の釜場

造粒機

常に温度管理しているクリーンルーム

牡蠣エキス|原液

内容量 60g 希望小売価格 10,584円(税込) 1ヶ月サイズ

川端牡蠣エキス原液 ╲今すぐにスマホで見る/

Production site!
生産者である漁師さんのご協力により【川端の牡蠣エキス】は作られています。
産 地

日本有数のカキの産地「北陸能登」。ここで毎年1~3月にとれる新鮮な生牡蠣が【川端の牡蠣エキス】の原材料です。

製造方法

創業以来変ることのない代々受け継がれる製造方法をかたくなに守ってつくりあげています。煮出す段階からカラは取り除き、むき身だけを長時間に詰めてエキスにします。成分をギュッと閉じ込めたものが【川端の牡蠣エキス】になります。

成 分

栄養価の高さから「海のミルク」と形容される牡蠣。さらに独特の食感が多くの方に支持されています。特にグリコーゲンを多く含み、ビタミンB2・B6・B12を始め、カルシウム・鉄分・亜鉛などのミネラルが凝縮されたすぐれたエキスです。

また、保存料や着色料などは一切使用しておりませんので、化学的なサプリメントはちょっと・・・というかたにもおすすめいたします。

召し上がり方

1日に2グラム(大豆2粒程度)を目安にコップ1杯の水またはお湯でお召し上がりください。添付のスプーンをご利用いただき、オブラートで包むと一層お召し上がり易くなります。また、自然の調味料として鍋料理や煮物、さらに炊き込みご飯などに隠し味としてご利用いただくと風味よく仕上がります。

 
 

原材料 牡蠣(北陸能登産)

 

 放射能核種検査
測定機器 日立アロカメディカル CAN-OSP-NAI 測定時間540分 検出限界 3Bq/kg
セシウム137

 検出せず

セシウム137

 検出せず

分析依頼先 : 未来につなげる・東海ネット 市民放射能測定センター

■いつ摂ったらいいですか ?

 
吸収の側面から考えますと、「食後」に摂っていただくのが効率的です。濃縮しておりますので、飲みなれていない場合、空腹時、胃がキュッとすることがあります。まさにオイスターソースの元のような味わいです。
 

■多く摂ってはいけないの?

 
弊社の製品づくりは、「食の延長線上にあるサプリメント」です。養生訓などの文献から紐解き、130年以上エキスづくりをしております。ですので、「食」として考えていただき、体調や調子を参考に増やしていただいても結構です。子宝サプリとしてご利用いただくのであれば、集中的に2倍を目安に摂ることをお勧めしています。
 

■添付のヘラは使った後どうすればいい?

 
専用のヘラは、エキスを摂った後、きれいに洗浄して乾かしてから再度お使いください。例えば、ヘラにエキスを摂って、口にされて再度、お使いになりますと、カビの原因となります。栄養価の高いエキスは、細菌にとっても繁殖しやすい環境といえます。130年以上培った独自のノウハウで通常の使用ではカビが発生しないように衛生管理を行っております。

お電話やはがきで頂く「よかったよ」「助かった」の声は私たちの励みです。

 

「子宝のエキスと言われる由縁は、、、亜鉛!」


子宝には「亜鉛」−体の中にほんの少ししかないのに、とても重要な役割をしているんです。新陳代謝や今話題のウイルスから身を守ったり。昔は魚とか貝とかよく食べたけど、実は栄養もたっぷりだったんだなって思います。少子化も実は食生活がおかしいからなのかな。つづけたおかげで子供にも恵まれて、改めて食事に足りないものを補うのは必要なことなんだなと思います。
 
「味がわからない、、、大学の恩師から勧められました!」


「味がわからない、、、」病院に行っても亜鉛を処方されるだけで一向に戻らない時期が一年以上続きました。管理栄養士の仕事をしながら、強いストレスやパワハラを受けていました。その精神的な後遺症というべきか、、、自分は管理栄養士なのに「なぜ」?決心して恩師を頼って大学に相談しました。恩師は「体はいろんなミネラルで出来ている。一つの栄養素だけ摂れば良い分けではない」というアドバイスから、牡蠣を摂るようにしました。牡蠣には天然由来の亜鉛は元より、セレンなど微量元素が含まれています。食事の延長というスタンスで、牡蠣を摂りはじめ、10ヶ月後にはかなり味がわかるようになりました。これは奇跡に感じました。現代は過度に精製されたものが多いですが、やはり体を作るのは「食」なのだと改めて思いました。
 

古来からの伝承に基づいた製品づくり

「サプリメント」という言葉のない時代から現在に残る理由

 


なによりも大切なのは日々の食事です。「一汁三菜」と言われた伝統的な日本食は最近では「質素」に感じてしまいます。しかし、この伝統があったからこそ健康を保つことができたのだと思います。
 
現在は長寿社会・高齢化社会・人生100年という言葉を耳にする一方、病気や体調のすぐれない方がどれだか多いかということも問題になっています。
 
薬や工業製品のようなサプリメントがたくさん販売されていますが、私どもは、古来から体に良いとされている食品を長期間保存できるように濃縮したものを製造しています。
 
派手さは全くありませんが、この製法こそが真のサプリメントと言える作り方だと自負しております。人の手で、職人の技術で作ることで健康に寄与できる食品と考えており、すでに130年を越える歴史と、お客様にご愛顧していただいています。
 
今後も製法を変えずに作ることこそが私どもの使命と考えています。

Recommend News
誌面掲載のお知らせ
クロワッサン No.1008(マガジンハウス社) 『元気な体』掲載商品
 
クロワッサン No.1008(マガジンハウス社) 『元気な体』掲載商品
Recommend News
研究室とのコラボレーション
why? kaki 無料サンプル
川端牡蠣粒

牡蠣エキス|粒

牡蠣エキス|粒

内容量 50g 希望小売価格 6,480円(税込) 1ヶ月サイズ

川端牡蠣エキス粒 ╲今すぐにスマホで見る/

産 地

日本有数のカキの産地「北陸能登」。ここで毎年1~3月にとれる新鮮な生牡蠣が【川端の牡蠣エキス】の原材料です。

製造方法

伝統製法で作った牡蠣エキスを丸薬状に飲みやすく仕上げました。

成 分

栄養価の高さから「海のミルク」と形容される牡蠣。さらに独特の食感が多くの方に支持されています。特にグリコーゲンを多く含み、ビタミンB2・B6・B12を始め、カルシウム・鉄分・亜鉛などのミネラルが凝縮されたすぐれたエキスです。

また、保存料や着色料などは一切使用しておりませんので、化学的なサプリメントはちょっと・・・というかたにもおすすめいたします。

召し上がり方

1日に15粒を目安にコップ1杯の水またはお湯でお召し上がりください。

 
 

原材料 牡蠣(北陸能登産),とうもろこし澱粉(遺伝子組換えでない),メープルシロップ/酸化防止剤(ビタミンE)

 

 放射能核種検査
測定機器 日立アロカメディカル CAN-OSP-NAI 測定時間1000秒 検出限界 3Bq/kg
セシウム137

 検出せず

セシウム137

 検出せず

分析依頼先 : 未来につなげる・東海ネット 市民放射能測定センター